2012年04月24日

IS11Tでスクリーンキャプチャ


残念ながら、現時点で、IS11T単体で、ルート化せずに、スクリーンキャプチャを可能にするアプリは存在しない様子。
WindowsPCなどと接続して実現する方法はあちこちに掲載されていた。

「雪明りの光合成。」というサイトの「IS11TをADBとつなぐ」というページ(※1)に詳しく記載されているが、あまりに間違いが多かった。
「smartgoods.me」というサイトの「【初心者向け】Android SDKインストール手順 2011年1月版!(windows版)」というページ(※2)には、スクリーンキャプチャの手順として簡潔に記載があるが、初心者には難しかった。

結論的には、「OCTOBA(オクトバ)」というサイトの「【特集】Android端末のスクリーンショットを撮影しよう!」というページ(※3)は、さすがに初心者にも判りやすく、間違いもなく100点なのだが、Android機全般向けなので、IS11T向けにし、補足する。

  1. IS11TとWindowsPCとをADB接続
    • JavaFX SDKインストール
      • Android SDKをインストールするために必要。
      • 手順は、※3に完全に判りやすく記載されている。
    • Android SDK
      • これがスクリーンキャプチャを始めとする開発関連ツール本体。SDKとは「ソフトウェア開発キット」の略語。
      • 最初から最後まで、※3に端的に記載されている。
      • インストールして生成する「SDK Manager」が英語で難解だが、何も考えずに※3の通りに進めていける。

        (一応、「SDK Manager」は、更に詳細にインストールを進めるツール。)
      • 上記ページに記載されていない注意すべき点は、インストール完了と思っても、何度も「install ○ packages・・・」ボタンが復活するので、何度もクリックしなければならない点。
      • 最終的にエラーが出ているようなら、管理者権限でインストールしていないことが原因(私がそうだった)。
      • アプリを右クリックし、「管理者として実行」で完了する。(「install ○ packages・・・」ボタンがグレーアウトで押せなくなったら完了。)
    • パスを通す
      • 「雪明りの光合成。」にはこの記載がないのが大きな問題の一つ。起動方法をフレキシブル(=コマンドプロンプトでの操作を可能)にするためだけなので、割とどうでも良いが、この後もこれを前提に説明されているのと、やはりコマンドプロンプトで色々操作できるようになっていたほうが良いので。
      • これも手順は※3に正確に記載されている。
      • 余談だが、※2のように次の通り「-windows」が2ヶ所に付いている情報もあるが、私はこれでは通らなかった。多分古いOSか何かだろう。

        「C:\Program Files\Android\android-sdk-windows\tools;C:\Program Files\Android\android-sdk-windows\platform-tools;」
    • IS11Tの設定・PCへの接続
      • IS11Tの「設定」から、アプリケーション>開発>USBデバックをオンにする。
      • そしてIS11TをUSB経由で接続する。
      • IS11T上ではADB接続したような表記になるが、WindowsPC上での表記の通り、物理的に繋いだだけの状態。
    • ドライバインストール
      • IS11Tのメーカサポートページから「IS11T ADB用USBドライバ」をダウンロード。(まだインストールは出来ない)
      • ドライバフォルダは必ず解凍して保存する!情けないことに、ここでつまずいて長時間無駄にした。当たり前だが、ZIPファイルはダブルクリックで開けるが、「開く(解凍する)」だけではWindowsはファイルを見つけてくれないので、「解凍してから保存」までしなければならない。
      • 事前準備が重要。ドライバの Read me に詳しく記載されている。http://spf.fmworld.net/oss/usb_driver/is11t/data/Readme.txt

        が、非常に正確だが、順序があべこべで見にくいので整理してみた。
        • 事前準備
          1. 「adb_usb.ini」が、以下のフォルダにあることを確認する。

            【Windows XPの場合】

             「C:\Documents and Settings\<login user名>\.android\adb_usb.ini」

            【Windows Vista, 7の場合】

             「C:\Users\<login user名>\.android\adb_usb.ini」

            もし、「adb_usb.ini」が存在しない場合は、以下の手順で作成する。

            a) コマンドプロンプトを起動する。

            b) Android SDKがインストールされている以下のフォルダへディレクトリを移動する。

             「cd C:\Program Files\Android\android-sdk\tools」

            c) 以下のコマンドを入力して、「adb_usb.ini」を作成する。

             「android update adb」

            d) 1)項記載のフォルダに、「adb_usb.ini」を確認する。
          2. 「adb_usb.ini」をメモ帳等のエディタで開き、「0x04C5」の行があるかを確認する。

            もし、「0x04C5」の行がない場合は、「0x04C5」を1行だけ、追記する。
        • IS11T用ADB USBドライバ インストール手順
          1. 「ADB USBドライバ」用のusb_driver_IS11T_1.0.zipを解凍する。
          2. 「IS11T」で「USBデバッグ設定」にチェックを入れ、ADB機能を有効にする。

            ※設定 > アプリケーション > 開発 >USBデバッグ
          3. 「IS11T」とパソコンをUSBケーブルで接続する。
          4. 【Windows XP, Vistaの場合】

             「Fujitsu HSUSB Device」が認識されドライバのインストール画面が起動する。

            【Windows 7の場合】

             「Fujitsu HSUSB Device」が認識される。デバイスマネージャを起動して「Fujitsu HSUSB Device」のドライバの更新をクリック。
          5. 起動した画面で、解凍したドライバ格納先で「usb_driver_IS11T」を選択し、インストール。
        • 以上。5.で初めてインストールされる。それまではデバイスを見つけているだけの表示。
        • (「雪明りの光合成。」というサイトでは、「インストール時はUSBケーブルでIS11Tと繋いじゃダメ」などと記載があるが、繋いでなければデバイスも見つけられない状態になるので大間違い。)
    • ADB接続の確認
      • コマンドプロンプトで adb shell と入力する。
      • 最後に$と表示されればOK。
    • ADB接続完了
      • ここからAndroidルート化へ進むことができるが、便利にもなりそうだけど、リスクも大きく大変そうなので止めておく。シャッター音ぐらいは消したいのだが・・・。
  2. スクリーンキャプチャの実行(そもそもの目的。たったこれだけのために長い道のりだった。)
    • 実行ファイルの場所
      • 正確には実行ファイルではなく、バッチファイル。
      • Android SDKの中にあるddms.batというバッチファイルの中の機能の一つとしてスクリーンキャプチャが存在する。

        (「雪明りの光合成。」というサイトでは、ddms.datとなっているので間違わないように。これで長時間費やした。正確には上記の通り、ddms.bat。)
      • バッチファイルの場所は、私の場合、「C:\Program Files\Android\android-sdk\tools」の中。
      • このファイルそのものをダブルクリックでも開くが、パスが通っていればコマンドプロンプトで adb devices と入力するだけで起動する。
    • 実行方法
      • 起動した後は、Ctrl+S、もしくは Device>Screen Capture でIS11Tの現在の画面がキャプチャされる。
      • 当然、スタンバイ状態なら真っ黒の画面がキャプチャされる。
      • 「Refresh」で更新。
      • 「Save」はPngでしか保存できないから、「Copy」でペイントなどに貼り付け、トリミングなどで好みの体裁に整えてJPEGなどで保存すると良い。
以上で全て完了。


posted by ybj at 17:57| Comment(2) | TrackBack(0) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

現在の通信費

これは趣味になってしまってて、生き馬の目を抜く通信業界の猫の目のように変わったり新しく登場する料金プランのために、日々追っかけるのが大変。

で、現在はと言うと次の通り。
およその月額。


au=IS11T+DATA08W
プランSS・・・980円(1,050円分無料通信付)
WINシングルフラットWiMAX・・・0円(スマートバリュールータ割引にて。万一のため。使わない。)
友人のワイヤレスゲート(WIMAX)のおこぼれ=Mobile Cube
機器追加オプション・・・200円
softbank=005SH
ホワイト学割2012・・・0円(無料通話のためだけに)

女房
au=ISW11HT
プランSS・・・980円(1,050円分無料通信付)
ISNET・・・300円
ISフラット・・・5,460円
毎月割・・・-2,500円
あんしんサポート・・・300円
スマートバリュー割・・・-1,480円

固定
eo
ネット・・・4,500円(長割)
電話・・・1,200円(女房の両親と二世帯なので2回線目分)
テレビ(地デジ・BSコース)・・・0円(アンテナが無いので、昔からインフラとして女房の両親が負担している)

以上。多少間違いがあるかもしれないが、概ねこんなとこ。
私はMNPキャッシュバックを受けるべく義父と端末入替をした為、毎月割の恩恵を受けられないので「ISNET無しでモバイルルータ利用」としている。
いずれにしてもノートPCのネット接続にモバイルルータは必要だから。(別項にも記載しているが、QWERTYハードキー搭載Wi-Fiテザリング対応のAndroidケータイさえあればモバイルルータなんて不要なのに!)

ちょっと前までは、私はbmobile Fairで+月2,200円、女房のau端末をダブル定額で安くし、友人WIMAXを持たせ、WIMAXだけでは不安なのでbmobileイオン専用プランのモバイルルータ(月980円)を併用させていた。が、女房がイオンルータを紛失した(!)のを機に解約し、auスマートバリューがちょうどスタートしたので現在の状態とした。WIMAXは建物内がほとんど繋がらないが、わざわざイオンルータを取り出す場が全くなかったから(いくら最小のGP01を使っていたとは言え、かさばって邪魔だった。充電を気にするのも煩わしかった。)。

固定回線に関しては、もし自宅にTVアンテナがあればeoやめてWIMAXにするかも・・・おっと、スマートバリューがあった。eo最高!自宅割に対応すれば完璧。おそらく時間の問題でしょう。
自宅割対応のJ-COMはBSパススルーに対応してない(全くする予定がないらしい)ので却下。
posted by ybj at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 通信費節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマートフォンの選び方

別項でモバイルルータや公衆無線LANについて記載する予定だが、そもそも、Wi-Fiテザリングを解禁してるのがauの一部機種とemobileだけなのが悪い。
本当はスマートフォン一台あれば、そんなもの(モバイルルータや公衆無線LAN)は無くても良い世の中なのです。
{とは言え、無料の公衆無線LANサービス(FONやFreeSpotなど)は、やはり理想社会として早く義務化すべき。}

ですが、とりあえず掲題件、私にとっての優先順位は次の通り。
  1. Android
  2. QWERTYハードキー
  3. テザリング + WIFIでのSMS送信(auでは3Gでしかできない機種が多い)
  4. 防水
  5. WIMAX or LTE
  6. Felica(おサイフケータイ)
  7. 赤外線通信
以上。
赤外線通信は滅多に要らないけど、やはり連絡先交換には便利。Bluetoothにその機能があれば要らなくなるかな。
あ、BluetoothはAndroid機には標準搭載と思っているので。
なんで「おサイフケータイ」って言葉を皆使うんだろ?ドコモの商標なのに。Felicaでいいじゃない?全く同じ意味ではないから便宜的にってことでしょうが、とにかくこれは、カードを少なく出来るのが素晴らしい。その1点だけだから大したことはない機能。でもあったほうがいい。唯一(?)、東京が羨ましい。ケータイで電車に乗れるから。近畿圏でもまだ全く採用されてない。される見込みも結構薄い。
 
というわけで、余談が過ぎたが、WindowsMobileを長年利用してきた身としては、Androidが素晴らしすぎる。
Googleの一元支配の便利さに埋もれて気持良すぎる。
で、iPhoneって、着信通知とか、びっくりするほど不便なのね。(IMAP対応の「メール」アプリではプッシュ受信通知しない。他のメールアプリも数少なく、実現しているものがない。)
だからAndroidであることが1番。
文字をたくさん打つのでQWERTYハードキーも必須。
で、冒頭のテザリング。
ここが分かれ目。私はIS11Tを現在愛用しており、1.2.6.7.しか対応していない。
3.と5.は、家内のEVOが実現しているが。
3.について、「テザリング + WIFIでのSMS」と二項目並べているのは、海外メーカ製品であればどちらも当たり前なので一括りにしました。
つまり、海外メーカ製品と日本メーカ製品で利点が二分されているのが問題。
日本メーカはどうしても今までの癖でキャリアの意向を無視できないのかなぁ。じゃあ、海外メーカが全部入りを出すのを待とう。
 
あー、1.〜7.全て実現してる端末でないかなぁ。出ればきちんとそのキャリアの定額通信サービスも契約するのに。
(別項に記載のとおり、今はauには980円/月しか支払っていません)
あ、8.として、SIMフリーも。とっとと通信会社の既得権を剥がせないもんかね。
あ、9.として、ワンセグも。長年付いてて一度も使ったことはないが。無いより有ったほうが良いでしょ?メモリの無駄?続きを読む
posted by ybj at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ITガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
T100TAのバッテリ消耗問題の解消
 ⇒ ybj (08/28)
 ⇒ (08/28)
 ⇒ ybj (08/19)
 ⇒ (08/19)
IS11Tでスクリーンキャプチャ
 ⇒ ybj (08/02)
 ⇒ Accessories For Shoes (08/01)
ロメール四季4部作を観て
 ⇒ ybj (07/07)
 ⇒ ヒデヨシ (07/06)