2015年08月16日

T100TAのバッテリ消耗問題の解消

タブレットにもノートPCにもなるコンバーチブルタブレットT100TA-DK32Gについて、付属のキーボードを装着すると極端に電池の減りが早い、という問題がある。
(参考URL: http://www55.atwiki.jp/t100ta/pages/13.html
これを解決する方法を発見した。

付属キーボードを装着した状態で閉じると、微妙にキーボードが押下される状態となるのが原因。
キーボードのボタンをどれでも押下しただけでスリープ解除となる機種なので、閉じている状態でも常にディスプレイがスリープ解除画面(明るくスリープしてない)状態となるので、電池の消耗が激しいという訳。
アナログな方法だが、閉じてもキーボードボタンを押下しないように緩衝材を貼り付けることで解消できている。(以下写真を参照)
IMG_20150606_222240.jpg
上記URLページでは「2つのWindowsUpdateを削除すれば改善する」ような記載があるが、その後のコメント(ページ下部の投稿欄)にも多数あるようにそんなことでは改善しない。コメント中にもう一つ改善方法があったと思うが、それでも改善しない。このアナログな方法で私は劇的に改善した。(そもそも原因がアナログだからどうしてもアナログな方法になる)

T100TAユーザで上記問題にお困りの方はお試しあれ。
posted by ybj at 15:28| Comment(4) | TrackBack(0) | ITガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じ問題に困っていたので試してみます。
Posted by at 2015年08月19日 03:03
コメントありがとうございます。
閉じる時にキーが押下されるのをじっと見てみて頂ければと思います。
緩衝材を付けると当然ながら完全に閉じてない状態になりますが、何ら問題なくスリープ状態になります。
宜しければ、また結果を報告頂けると嬉しいです。
Posted by ybj at 2015年08月19日 18:24
ありがとうございます。
緩衝材のおかげでうまくスリープ状態になっている模様です。
wikiに追記しても良いかもしれません。
Posted by at 2015年08月28日 00:47
ご報告ありがとうございます。
自信はありましたが、自身の端末以外でも本当に同じであったということが判り、とても感激です。
T100TAのwikiには掲載済みですが、「同じように解決している人もいる」という情報も掲載してみます。
ありがとうございました。
Posted by ybj at 2015年08月28日 13:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
T100TAのバッテリ消耗問題の解消
 ⇒ ybj (08/28)
 ⇒ (08/28)
 ⇒ ybj (08/19)
 ⇒ (08/19)
IS11Tでスクリーンキャプチャ
 ⇒ ybj (08/02)
 ⇒ Accessories For Shoes (08/01)
ロメール四季4部作を観て
 ⇒ ybj (07/07)
 ⇒ ヒデヨシ (07/06)