2016年09月08日

二重生活を観て

またテレビ出身ですごい監督。完璧。
今時完璧なだけでは「今年のベスト」とかにはならなくて、どこがどう素晴らしいかが明確に存在している作品が上位に来る。
この作品がそう。現時点でこれは今年ベスト。

どのショットにも意味が明確に存在する映画はやはり観ていてのめりこむ。それは、テレビ出身ゆえの観客をつかんで離さない流れるようなシーン構成が最大に貢献しているかもしれないが、各シーンごとに、思わせぶりや、視線の流れの中にさりげなく大事なものが映る、といった一歩間違うとあざといとも言える演出の多用が丁寧であることの方が大きいように思えた。
特に、レストランから外に尾行相手の母子を見つけるシーンの、観客が先に気付くが主人公の視線が戻って気付く(単なる二度見ではなく理由ある気付き)あたりが白眉。

役者が素晴らしいのは良い映画では当たり前の条件だが、それにしてもやっぱり門脇麦は本当に逸材だった。
「太陽」では凡庸な役柄だったが、演出が今一歩の「愛の渦」で初めて見た時も所在無げなキャラは他に代わりがいないように思えていて、そんなことって世の中に優れた俳優が沢山いる中で稀だと思うんだけど、今回それが証明された。リアルすぎる。共感する女子が相当多数に上ると見た。「ピース オブ ケイク」で強烈なリアルさを感じさせた多部未華子を超えていると言っていい。
うろたえるときに、単にオロオロするんじゃなくて、本当に判らないことについて真剣に困惑している。鬼気迫るものがある。

これら2点だけでも凄まじい映画と言えるが、実際は長谷川博己のリアルさや、菅田将暉のあまりない役柄ながらやはり確実すぎるいるいる感もあからさまに映画を下支えしている。
特に菅田将暉がカップヌードルを食べるシーンは映画史に残る名シーンである。

書きかけて放置していて、観終えて2ヶ月経ってしまって漠然とした批評になってしまったけど、ポイントはしっかり覚えていた。間違いなくいい映画。

posted by ybj at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画館紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近のコメント
T100TAのバッテリ消耗問題の解消
 ⇒ ybj (08/28)
 ⇒ (08/28)
 ⇒ ybj (08/19)
 ⇒ (08/19)
IS11Tでスクリーンキャプチャ
 ⇒ ybj (08/02)
 ⇒ Accessories For Shoes (08/01)
ロメール四季4部作を観て
 ⇒ ybj (07/07)
 ⇒ ヒデヨシ (07/06)